雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【開封レビュー】YOUNG & OLSEN(ヤングアンドオルセン) The DRYGOODS STORE TOTE BAG BOOK

ヤングアンドオルセントートバッグはどんな付録?

SNSや雑誌でいま大注目の「ヤングアンドオルセン」のトートバッグが登場。

デザイン、サイズなど細部までらしさを詰め込み、便利な内ポケットをプラス。

持つだけでシンプルにお洒落がきまる。

宝島チャンネルより

SIZE(約)
W29×H30×D13cm

宝島チャンネルより

 

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

【サイズ】

・本体:横A4/縦B5

・ポケット:はがき縦

・マチ:ボックスティッシュ

【容量】

ボックスティッシュ6箱分(たてに積み重ねて)

【実測サイズ】

・縦×横×マチ:約32cm×40cm※横マチ含む最大×12cm

・持ち手:約29cm※持ち手接合部より

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記>

PVC・ポリエステル

<生産国>

MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

繊細なシボが入った合皮素材。

触るとザラザラ。しっとり、肉厚生地です。

裏地は玄関マットの裏側のような短い起毛素材。

ロゴは箔押し。マットな上品ゴールドカラーです。

付録の品質はどう?

縫い目幅は4mm、一定で揃っています。

目立ちはしませんが、じっくり見るとパイピング部分の処理に付録らしさを感じました。

 

開封時は大きな折り皺がついていたものの、使用しているうちに目立たなくなりました。

付録を使ってみた感想は?

とにかく肉厚でどっしりとした生地。

個人的には、ぱっと見てもよく見ても、価格以上の品質に感じます。

持ち手はしっかりと固く、荷物が重くても負担がかかりません。

持ち手は短く、どうがんばっても肩掛けはできない長さです。

 

ちなみに私は荷物が多くてトートバッグは肩掛け派、バッグは軽量派です。

しかし、こちらは持ち手が丈夫で安定しているためか、ノートパソコン、消毒用品、折りたたみの日傘、水筒、ノートなどおよそ3㎏ほどの荷物を入れてしんどく感じませんでした。

 

また縦長タイプなので荷物の出し入れのしやすさが気がかりでした。

実際に使ってみるとがばっと大きく開くため、特に荷物の出し入れで困ることはなかったです。

 

ただ、深さがあるので財布などの小物は迷子になりがち。荷物をポイポイ入れていると、カバンの中で宝探し状態となります。

バッグインバッグやポーチで荷物を整理するのがおすすめです。

 

開口部はボタンやファスナーがついていませんが、深さがあるので意外と上から覗いても荷物がまる見え状態にはなりません。

合皮なのでバッグに水をかけてもしっかりはじきました。

急な雨がふっても気兼ねなく使えそうです。

この付録、アリ?ナシ?

あり!

ずっと気になっていたヤングアンドオルセンのトートバッグ。

とにかく肉厚な生地や、ノートパソコンも収納できる絶妙に使いやすいサイズ感、どんな服にも合わせやすいデザインとにかくお気に入りのバッグとなりました。大量に汗をかいても、公園で砂がついてもプレッシャーにならない!お手軽さも嬉しい。

ムックで大満足したので、本家ヤングアンドオルセンのバッグはどんな感じなのか俄然気になっています……!

本家ヤングアンドオルセンも欲しい!と思えるような素敵なバッグでした。


購入した付録つき雑誌/ムック

YOUNG & OLSEN(ヤングアンドオルセン) The DRYGOODS STORE TOTE BAG BOOK
発売日:2020年8月17日(月)
出版社:宝島社
価格:本体2,400円+税

予約ができる公式サイト宝島CHANNELはこちら>>(別サイトへ移動します)