雑誌の付録を開封レビューでご紹介
開封レビュー

【フラゲレビュー】InRed(インレッド)2021年3月号《特別付録》トラディショナル ウェザーウェア マチたっぷり買い物バッグ

出版社さまのご厚意で、2021年2月5日(金)発売のInRed(インレッド)2021年3月号の「トラディショナル ウェザーウェア マチたっぷり買い物バッグ」をお譲りいただきました。

そこで当記事にていちはやくご紹介させていただきます。

※発売前の付録見本品のため、実際に発売される付録とは異なる部分があるかもしれません。

その点ご了承くださいませ。

トラディショナル ウェザーウェア マチたっぷり買い物バッグはどんな付録?

お洒落で使いやすいトラディショナル ウェザーウェアの買い物バッグが登場!

マチが広いのでレジカゴセットもOK!大容量で収納力大のバッグはコンパクトに丸めることも可能。約90gと軽量でお買い物に便利です。

ふろく.lifeより

サイズ(約)
タテ24×ヨコ(底)31.5×マチ25cm

ふろく.lifeより

 

付録のサイズ感は?何がどれくらいまで入りそう?

【サイズ・容量】

・サイズ:B4ヨコ

・容量:2ℓペットボトル8本

【実測サイズ】

本体:タテ25×ヨコ(底)32×マチ25.5cm※巾着部分のぞく

持ち手:61.5cm

付録の素材はなに?原産国は?

<素材表記> ポリエステル、POM、PP

<生産国>MADE IN CHINA

付録素材を見た、触れた感じは?

本体はしっとりした触り心地のポリエステル素材。

光にかざすと、うっすら透ける程度に薄手です。

 

巾着部分は本体よりさらに薄手のサラッとしたポリエステル素材。

こちらもウィンドブレーカーのような生地でした。

どちらも裏地はついていません。

付録の品質はどう?

縫い目幅は約5mm幅。

手持ちの既製品エコバッグが3mm、他付録のエコバッグやレジカゴバッグが4mm幅だと考えると

付録の中でも縫い目幅は大きめです。

 

縫い目のラインはそこそこ揃っていますが、縫い目幅が微妙に違うところも。

付録らしい品質だと思いました。

 

付録を使ってみた感想は?

【大きさ】

手持ちのレジカゴバッグにしっかりフィット!

レジカゴバッグとしても、お買い物バッグとしてどちらでも使えます。

【耐荷重】

生地が薄手のため、3㎏ぐらいかな……

4㎏の荷物を入れて持ち上げると持ち手が伸びている感覚がしました。

軽いもの向けのバッグです。

【使い心地】

予告画像をみると、しっかり自立しているので厚みがあるのかな?

と思っていましたが、実物は生地が薄いため自立しません。

軽くてかさばらないので、買い物の量が少なめの時にこちらを使おうかな~と思っています。

【重量】

予告画像では約90gで軽量とありました。

実際に重さを確認してみると95.5gでした。

手に持つと、とても軽いです。

【巾着の開閉】

巾着部分の生地はカサカサとしていますが、開閉はバッチリ。

スムーズに開け閉めができます。

【持ち手】

身長155cmの私が手で持つとギリギリ、床に底がつかないぐらいでした。

【コンパクト】

スナップボタンがついているため、折り畳んでくるくると巻いて留めるとコンパクトに。

持ち運びもしやすいです。

この付録、アリ?ナシ?

 

うーん・・・

予告画像をみて、「バッグ本体と持ち手が自立しているから厚みとハリがある生地だ!」

と、勝手に期待しすぎてしまいました。

 

実物の生地が自立しない薄手のタイプだったので「う~ん」です。

個人的にはもう少し厚みがあるものを期待していました。

そして正直なところ価格が1,280円で販売予定なので、

あと数百円だせばムック本で厚みのある本格派のレジカゴバッグが買えるな…なんて思ってしまいました。

本体に荷物を入れると形が崩れてしまうのでトラディショナルのロゴがわかりにくくなるのも、ちょっとマイナスです。

 

辛口な意見をすみません…

 

とはいえ、薄手&軽量なレジカゴバッグ、大きめがエコバッグを探している人

トラディショナルのレジカゴバッグ&エコバッグなのでブランドファンのかたには必見です!

購入した付録つき雑誌/ムック

InRed 2021年3月号


発売日:2021年2月5日(金)
出版社:宝島社
価格:1,280円

予約・購入ができる公式サイト宝島CHANNELはこちら>>(別サイトへ移動します)

付録違いの2021年3月号増刊も同時発売です。詳しい予告記事はこちら>>

買い忘れの心配なし!おうちに毎号届くお得な定期購読は「富士山マガジンサービス」で受付中(別サイトへ移動します)